杜甫 李白を詠う
・贈李白[五言律排]
・贈李白[七言絶句]
・送孔単父謝病歸游江東,兼呈李白
・遣懐 
・冬日有懐李白 
・春日憶李白 
・飲中八仙歌 
・夢李白二首 
・天末懷李白 
・昔游 
・不見

李白杜甫を詠う
行路難 三首  李白
魯郡東石門送杜二甫
沙邱城下寄杜甫

時代の変遷・概略 漢詩理解のための時代の解説一覧
 中国の時代と詩人のたち
上代から漢の詩人
孔子 孟子 屈原 宋玉 荊軻 項羽
から三国、隋の詩人
武帝 蘇武 王昭君 卓文君 蔡邑
曹操 曹丕 曹植 阮籍 陶淵明 

 唐代の詩人
  ・初唐の詩人たち
魏徴 王勃 蘆照鄰 駱賓王 沈栓期 宗之問 上官儀 上官宛兒 劉希夷
  ・盛唐の詩人たち
張説 張九齢 賀知章 孟浩然 王維 裴迪 王昌齢  王翰 賈至 高適 李白 杜甫 岑參 王之渙 
  ・中唐の詩人たち
張謂 韋応物 劉張卿 孟郊 柳宗元 劉禹錫 白楽天 張継 顔真卿 元槇 薛濤
  ・晩唐の詩人たち
杜牧 李商隠 温庭均 高胼 曹松  魚玄機
 
 宋代から近代詩人
蘇東坡 欧陽脩 司馬光 晏殊 王安石 曹鞏 岳飛 陸游 朱熹 辛棄疾 高啓 秋瑾 

  女性詩人たち 
雰囲気の柔らかい詩を書く詩人たち

 ・王昭君  卓文君 劉細君
 白楽天 王昭君を詠う二首
 ・班u、  蔡炎  謝眺
 ・上官宛兒   楊貴妃
 ・薛濤(せつとう)  唐宛
 ・魚玄機の詩   秋瑾

中国4000年の奇跡

杜甫・王維・李白の生きた時代:関連年賦

○安史の乱と3詩人編集中

杜詩研究

●杜詩研究編集中

○ 杜甫詩 1411首
  ・ 年賦・詩の時系序列
○ 杜甫 詩目次と詩のタイトル
○ 杜甫アウトライン
○ 杜甫ものがたり編集中
○ 杜甫 李白を詠う

◎ 青年期と李白と遭遇期
◎ 李白と別離仕官叶う期
◎ 漂泊の旅情期

○ 杜甫私記編集中
○ 杜詩研究編集中

 杜甫の人生(一般論)
  吉川幸次郎『杜甫ノート」の要約
 杜甫間違った士官の
 杜詩『白髪の詩」の変遷
 杜詩「政治的発言」変化
 杜詩「愛すべき詩」
  中国詩史上初、妻を愛す詩
 杜詩「自然への愛」
 杜詩「抑圧された人への愛」
  中国詩史上初、社会で抑圧された人を詠う
 杜詩「調子に乗ってしまった?」
 杜甫の人生
  杜詩の画期的時期につぃて

◎ 杜甫 李白を詠う
  ・贈李白[五言律排]
  ・贈李白[七言絶句]
  ・遣懐
  ・春日憶李白
  ・飲中八仙歌
  ・昔游
  ・冬日有懐李白



王維の詩

● 王維詩研究

  ・ 王維詩 
    年賦・詩の時系序列
○ 王維 詩目次と詩のタイトル
○ 王維詩アウトライン
○ 王維ものがたり(一般論)
○ 王維ものがたり(画期的時期)研究
   王維 罔川集 20首


李白の詩
■ 李白の詩
 ・送別の詩  ・春爛漫詩
 ・楼上の詩  ・交友の詩
 ・情愛の詩  ・酒友の詩
 ・夏日の詩  ・戦乱の詩
 ・懐古の詩  ・気概の詩
 ・旅情の詩  ・望郷の詩
 ・閑適の詩  ・老境の詩
 ・冬日の詩  ・人生の詩
◎ 李白杜甫を詠う


李白95 魯郡東石門送杜二甫

酔別復幾日、登臨遍池台。
何言石門路、重有金樽開。
秋波落泗水、海色明徂徠。
飛蓬各自遠、且尽林中盃。



魯郡の東 石門にて杜二甫を送る
酔別(すいべつ)  復(ま)た幾日(いくにち)ぞ
登臨(とうりん)   池台(ちだい)に遍(あまね)し
何ぞ言わん  石門(せきもん)の路(みち)
重ねて金樽(きんそん)の開く有らんと
秋波(しゅうは)   泗水(しすい)に落ち
海色(かいしょく)  徂徠(そらい)に明かなり
飛蓬(ひほう)    各自(かくじ)遠し
且(しばら)く林中(りんちゅう)の盃(はい)を尽くさん








トップ > 杜甫詩 > 杜甫アウトライン > 杜甫と李白 > ・贈李白[五言律排] 贈李白[七言絶句] 送孔単父謝病歸游江東,兼呈李白 遣懐 冬日有懐李白  春日憶李白 飲中八仙歌 夢李白二首 天末懷李白 昔游 不見
■ 杜甫 李白を詠う


杜甫 李白を詠う15首(12首) 


杜甫と李白   

杜甫が李白を詠う 全15首のうちここでは12首


・李白と杜甫は中国が生んだ最も偉大な詩人である。
 この二人は李白が11歳年長だったことを考慮に入れても、ほぼ同時代人であった。そこから李杜と並び称されるようにもなるが、これは単に同時代人としての併称であることを超えて、中国4000年の文学の真髄を表したものなのである。

・この二人が生きたのは8世紀の前半、盛唐と称される時代である。唐王朝が誕生して約100年、盤石であった律令体制にほころびが出始めた時期である。則天武后による逸脱、や王朝の権力闘争の陰で、柱であった均田制と府兵制、拡張しすぎた領土、王朝の維持に節度使制により、解決されるが、これが、国を大きく揺るがせる叛乱の大極元年(712)玄宗が皇位について、未曾有の繁栄を謳歌する。李白はよきにつけ悪しきに付けこの時代の雰囲気を体現して、1000首余りに上る膨大な詩を残した。

・李杜の作風にはおのずから相違がある。その相違はまた中国文学の持つ二つの特質をある意味で表現したものだともいえる。杜甫の作風は堅実で繊細、しかも社会の動きにも敏感で、民衆の苦悩に同情するあまり時に社会批判的な傾向を帯びる。

・それに対して李白の作風は豪放磊落という言葉に集約される。調子はリズミカルで内容は細事に拘泥せず、天真爛漫な気持ちを歌ったものが多い。社会の動きに時に目を配ることはあっても、人民の苦悩に同情するところはほとんどない。こんなこともあって、現代中国では杜甫に比較して評価が低くなってもいるが、その作風が中国文学の大きな流れのひとつを体現していることは間違いない。

・李白の出自については長らく、四川省出身の漢民族だという説が有力であった。しかし前世紀の半ば以降緻密な研究が重ねられた結果、李白の一族は四川省土着のものではないということが明らかになった。彼の父とその祖先は西域を根拠としてシルクロードの貿易に従事する人たちだったらしい。その一家が李白の生まれた頃に蜀(四川省)にやってきた。そして李白が5歳の頃に、現在の四川省江油市あたりに定住した。もしかしたら、李白は漢民族ではなく、西域の血を引いていた可能性がある。

・唐の時代には、偉大な文学者はほとんどすべて官僚であった。官僚にならずに終わった人も、生涯のある時期、官僚を目指して進士の試験を受けるのが当たり前であった。ところが李白には自らこの試験を受けようとした形跡がない。彼は生涯を無衣の人として過ごすのであり、放浪に明け暮れた人生を送った。また人生の節々で色々な人と出会い、宮殿の端に列するようなこともあったが、その折の李白は文人としては敬意を評されても、一人の人間として高い尊敬を受けたとは思えない。これらのことが彼の出自と関係していることは大いに考えられる。


@天宝3載744年33歳
9.贈李白           9 贈李白 五言律排 
二年客東都,所?厭機巧。野人對腥羶,蔬食常不抱。
豈無青精飯,使我顏色好?苦乏大藥資,山林跡如掃。
李侯金閨?,?身事幽討。亦有梁宋游,方期拾瑤草。


A天宝5載746年35歳
302.贈李白      302 贈李白 七言絶句
秋來相顧尚飄蓬,未就丹砂愧葛洪。
痛飲狂歌空度日,飛揚跋扈為誰雄?


B天宝4載745年34歳 
925.冬日有懷李白   925 冬日有懐李白
寂寞書齋裡,終朝獨爾思。更尋嘉樹傳,不忘角弓詩。
短褐風霜入,還丹日月遲。未因乘興去,空有鹿門期。


C 天宝5載746年35歳
11.春日憶李白       11 春日憶李白
白也詩無敵,飄然思不群。清新庚開府,俊逸鮑參軍。
渭北春天樹,江東日暮雲。何時一尊酒,重與細論文?


D 天宝5載746年35歳
926.送孔単父謝病歸游江東,兼呈李白
        28送孔単父謝病歸游江東,兼呈李白
単父掉頭不肯住,東將入海隨煙霧。詩卷長流天地間,
釣竿欲拂珊瑚樹。深山大澤龍蛇遠,春寒野陰風景暮。
蓬莱織女回雲車,指點虚無引歸路。自是君身有仙骨,
世人那得知其故。惜君只欲苦死留,富貴何如草頭露。
蔡侯靜者意有餘,清夜置酒臨前除。罷琴惆悵月照席,
幾歳寄我空中書。南尋禹穴見李白,道甫問訊今何如。


E  天宝5載746年35歳
10.飲中八仙歌      10 飲中八仙歌
      天宝5載746年35歳
知章騎馬似乘船,眼花落井水底眠。
汝陽三鬥始朝天,道逢曲車口流涎,
恨不移封向酒泉。左相日興費萬錢,
飲如長鯨吸百川,銜杯樂聖稱避賢。
宗之瀟灑美少年,舉觴白眼望青天,
皎如玉樹臨風前。蘇晉長齋?佛前,
醉中往往愛逃禪。李白一鬥詩百篇,
長安市上酒家眠,天子呼來不上船,
自稱臣是酒中仙。張旭三杯草聖傳,
?帽露頂王公前,揮毫落紙如雲煙。
焦遂五斗方卓然,高談雄辨驚四筵。


秦州*************************************

F乾元2年759年48歳五言古詩
57.夢李白二首1031其の一   57夢李白二首
死別已?聲,生別常惻惻。江南瘴癘地,逐客無消息。
故人入我夢,明我長相憶。恐非平生魂,路遠不可測。
魂來楓林青,魂返關塞K。君今在羅網,何以有羽翼?
落月滿屋?,猶疑照顏色。水深波浪闊,無使蛟龍得。

G五言古詩 1031夢李白二首其の二
浮雲終日行,遊子久不至。三夜頻夢君,情親見君意。
告歸常局促,苦道來不易。江湖多風波,舟楫恐失墜。
出門?白首,若負平生誌。冠蓋滿京華,斯人獨憔悴。
孰雲網恢恢,將老身反累。千秋萬?名,寂寞身後事。

J乾元2年759年48歳五言古詩
1037.
218 天末懷李白        218 天末懷李白
涼風起天末,君子意如何?鴻雁幾時到,江湖秋水多。
文章憎命達,魑魅喜人過。應共冤魂語,投詩贈汨羅。


K 乾元2年759年48歳五言古詩
1073 寄李十二白二十韻
                258 寄李十二白二十韻
昔年有狂客,號爾謫仙人。筆落驚風雨,詩成泣鬼神。
聲名從此大,?沒一朝伸。文彩承殊渥,流傳必?倫。
龍舟移棹?,獸錦奪袍新。白日來深殿,青雲滿後塵。
乞歸優詔許,遇我夙心親。未負幽棲誌,兼全寵辱身。
劇談憐野逸。嗜酒見天真,醉舞梁園夜,行歌泗水春。
才高心不展,道屈善無鄰。處士?衡俊。諸生原憲貧。
稻粱求未足,?苡謗何頻?五嶺炎蒸地,三危放逐臣。
幾年遭?鳥,獨泣向麒麟。蘇武元還漢,?公豈事秦?
楚筵辭醴日,梁獄上書辰。已用當時法,誰將此議陳?
老吟秋月下,病起暮江濱。莫怪恩波隔,乘槎與問津。

成都・浣花渓*******************************
L上元2年761年50歳
  五言古詩 1196 不見     1196 不見
不見李生久,佯狂真可哀!世人皆欲殺,吾意獨憐才。
敏捷詩千首,飄零酒一杯。 匡山讀書處,頭白好歸來。


菱州*************************************
L 277  昔游          277 昔游
大暦3年768年57歳
昔者與高李,?登單父台。寒蕪際碣石,萬里風雲來。
桑柘葉如雨,飛?去裴回。清霜大澤凍,禽獸有餘哀。
是時倉廩實,洞達寰區開。猛士思滅胡,將帥望三台。
君王無所惜,駕馭英雄材。幽燕盛用武,供給亦勞哉。
?門轉粟帛,泛海陵蓬?。肉食三十萬,獵射起?埃。
隔河憶長眺,青?已摧?。不及少年日,無複故人杯。
賦詩獨流涕,亂世想賢才。有能市駿骨,莫恨少龍媒。
商山議得失,蜀主?嫌猜。呂尚封國邑,傅?已鹽梅。
景晏楚山深,水鶴去低回。?公任本性,攜子臥蒼苔。


M 279   遣懷         279 遣懐
大暦3年768年57歳」
昔我游宋中,惟梁孝王都。名今陳留亞,劇則貝魏?。
邑中九萬家,高棟照通衢。舟車半天下,主客多歡?。
白刃讎不義,?金傾有無。殺人紅塵裏,報答在斯須。
憶與高李輩,論交入酒?。兩公壯藻思,得我色敷腴。
氣酣登吹台,懷古視平蕪。芒?雲一去,雁鶩空相呼。
先帝正好武,寰海未凋枯。猛將收西域,長戟破林胡。
百萬攻一城,獻捷不雲輸。組練棄如泥,尺土負百夫。
拓境功未已,元和辭大爐。亂離朋友盡,合??月徂。
吾衰將焉托,存歿再嗚呼。蕭條益堪愧,獨在天一隅。
乘?已去矣,凡馬徒區區。不復見顏鮑,系舟臥荊巫。
臨餐吐更食,常恐違撫孤。



N 957276「往在」杜甫  (菱州にて)
     大暦3年768年57歳
往在西京日,胡來滿?宮。中宵焚九廟,雲漢為之紅。
解瓦飛十裏,?帷紛曾空。疚心惜木主,一一灰悲風。
合昏排鐵騎,清旭散錦.賊臣表逆節,相賀以成功。
是時妃嬪戮,連為糞土叢。當ィ陷玉座,白間?畫蟲。
不知二聖處,私泣百?翁。車駕既雲還,楹桷?穹崇。
故老複涕泗,祠官樹椅桐。宏壯不如初,已見帝力雄。
前春禮郊廟,祀事親聖躬。微?忝近臣,景從陪群公。
登階捧玉冊,峨冕耿金鐘。侍祠?先露,掖垣邇濯龍。
天子惟孝孫,五雲起九重。鏡奩換粉黛,翠羽猶?朧。
前者厭羯胡,後來遭犬戎。俎豆腐?肉,罘?行角弓。
安得自西極,申命空山東。盡驅詣闕下,士庶塞關中。
主將曉逆順,元元歸始終。一朝自罪己,萬里車書通。
鋒鏑供鋤犁,征戍聽所從。冗官各複業,土著還力農。
君臣節儉足,朝野歡呼同。中興似國初,繼體如太宗。
端拱納諫諍,和風日沖融。赤?櫻桃枝,隱映銀絲籠。
千春薦陵寢,永永垂無窮。京都不再火,渭開愁容。
歸號故松柏,老去苦飄蓬。



N
大暦3年768年57歳278「壯游」杜甫

往昔十四五,出遊翰墨場。斯文崔魏徒,以我似班揚。
七齡思即壯,開口詠鳳凰。九齡書大字,有作成一?。
性豪業嗜酒,嫉惡懷剛腸。?略小時輩,結交皆老蒼。
飲酣視八極,俗物都茫茫。東下姑蘇台,已具浮海航。
到今有遺恨,不得窮扶桑。王謝風流遠,闔廬丘墓荒。
劍池石壁仄,長洲荷?香。嵯峨?門北,清廟映回塘。
?趨?太伯,撫事?浪浪。枕戈憶勾踐,渡浙想秦皇。
蒸魚聞匕首,除道哂要章。越女天下白,鑒湖五月涼。
?溪蘊秀異,欲罷不能忘。歸帆拂天姥,中?貢舊?。
氣?屈賈壘,目短曹劉牆。忤下考功第,獨辭京尹堂。
放蕩齊趙間,裘馬頗清狂。春歌叢臺上,冬獵青丘旁。
呼鷹p櫪林,逐獸雲雪岡。射飛曾縱?,引臂落??.
蘇侯據鞍喜,忽如攜葛強。快意八九年,西歸到咸陽。
許與必詞伯,賞游實賢王。曳裾置醴地,奏賦入明光。
天子廢食召,群公會軒裳。?身無所愛,痛飲信行藏。
K貂不免敝,斑鬢兀稱觴。杜曲?耆舊,四郊多白楊。
坐深?黨敬,日覺死生忙。朱門任傾奪,赤族迭罹殃。
國馬竭粟豆,官?輸稻粱。舉隅見煩費,引古惜興亡。
河朔風塵起,岷山行幸長。兩宮各警蹕,萬里遙相望。
??殺氣K,少海旌旗?。禹功亦命子,?鹿親戎行。
翠華擁英嶽,?虎啖豺狼。爪牙一不中,胡兵更陸梁。
大軍載草草,凋?滿膏肓。備員竊補袞,憂憤心飛揚。
上感九廟焚,下憫萬民瘡。斯時伏青蒲,廷爭守禦床。
君辱敢愛死,赫怒幸無傷。聖哲體仁恕,宇縣複小康。
哭廟灰燼中,鼻酸朝未央。小臣議論?,老病客殊方。
鬱鬱苦不展,羽?困低昂。秋風動哀壑,碧屎o微芳。
之推避賞從,漁父濯滄浪。榮華敵勳業,?暮有嚴霜。
吾觀鴟夷子,才格出尋常。群凶逆未定,側佇英俊翔。








王維の詩 杜甫の詩 初唐の詩人たち
盛唐の詩人たち 中唐の詩人たち 晩唐の詩人たち
トップページへ 女性詩人 お問い合わせ
   ページの先頭へ  

  
Ads by Sitemix