杜甫 李白を詠う
・贈李白[五言律排]
・贈李白[七言絶句]
・送孔単父謝病歸游江東,兼呈李白
・遣懐 
・冬日有懐李白 
・春日憶李白 
・飲中八仙歌 
・夢李白二首 
・天末懷李白 
・昔游 
李白杜甫を詠う
行路難 三首  李白
魯郡東石門送杜二甫
沙邱城下寄杜甫



時代の変遷・概略 漢詩理解のための時代の解説一覧
 中国の時代と詩人のたち
上代から漢の詩人
孔子 孟子 屈原 宋玉 荊軻 項羽
から三国、隋の詩人
武帝 蘇武 王昭君 卓文君 蔡邑
曹操 曹丕 曹植 阮籍 陶淵明 

 唐代の詩人
  ・初唐の詩人たち
魏徴 王勃 蘆照鄰 駱賓王 沈栓期 宗之問 上官儀 上官宛兒 劉希夷
  ・盛唐の詩人たち
張説 張九齢 賀知章 孟浩然 王維 裴迪 王昌齢  王翰 賈至 高適 李白 杜甫 岑參 王之渙 
  ・中唐の詩人たち
韋応物 劉張卿 孟郊 柳宗元 劉禹錫 白楽天 張継 顔真卿 元槇 薛濤
  ・晩唐の詩人たち
杜牧 李商隠 温庭均 高胼 曹松  魚玄機
 
 宋代から近代詩人
蘇東坡 欧陽脩 司馬光 晏殊 王安石 曹鞏 岳飛 陸游 朱熹 辛棄疾 高啓 秋瑾 

  女性詩人たち 
雰囲気の柔らかい詩を書く詩人たち

 ・王昭君  卓文君 劉細君
 白楽天 王昭君を詠う二首
 ・班u、  蔡炎  謝眺
 ・上官宛兒   楊貴妃
 ・薛濤(せつとう)  唐宛
 ・魚玄機の詩   秋瑾

中国4000年の奇跡

杜甫・王維・李白の生きた時代:関連年賦

○安史の乱と3詩人編集中

杜詩研究

●杜詩研究編集中

○ 杜甫詩 1411首
  ・ 年賦・詩の時系序列
○ 杜甫 詩目次と詩のタイトル
○ 杜甫アウトライン
○ 杜甫ものがたり編集中
○ 杜甫 李白を詠う

◎ 青年期と李白と遭遇期
◎ 李白と別離仕官叶う期
◎ 漂泊の旅情期

○ 杜甫私記編集中
○ 杜詩研究編集中

 杜甫の人生(一般論)
  吉川幸次郎『杜甫ノート」の要約
 杜甫間違った士官の
 杜詩『白髪の詩」の変遷
 杜詩「政治的発言」変化
 杜詩「愛すべき詩」
  中国詩史上初、妻を愛す詩
 杜詩「自然への愛」
 杜詩「抑圧された人への愛」
  中国詩史上初、社会で抑圧された人を詠う
 杜詩「調子に乗ってしまった?」
 杜甫の人生
  杜詩の画期的時期につぃて

◎ 杜甫 李白を詠う
  ・贈李白[五言律排]
  ・贈李白[七言絶句]
  ・遣懐
  ・春日憶李白
  ・飲中八仙歌
  ・昔游
  ・冬日有懐李白



王維の詩

● 王維詩研究

  ・ 王維詩 
    年賦・詩の時系序列
○ 王維 詩目次と詩のタイトル
○ 王維詩アウトライン
○ 王維ものがたり(一般論)
○ 王維ものがたり(画期的時期)研究
   王維 罔川集 20首


李白の詩
■ 李白の詩
 ・送別の詩  ・春爛漫詩
 ・楼上の詩  ・交友の詩
 ・情愛の詩  ・酒友の詩
 ・夏日の詩  ・戦乱の詩
 ・懐古の詩  ・気概の詩
 ・旅情の詩  ・望郷の詩
 ・閑適の詩  ・老境の詩
 ・冬日の詩  ・人生の詩
◎ 李白杜甫を詠う

トップ >杜甫と関連詩>李白杜甫を詠う>行路難>魯郡東石門送杜二甫>沙邱城下寄杜甫

沙邱城下寄杜甫


■ 何故ふたりはわかれたのか?

 李白と杜甫の交友が始まって、何日も何日も二人は酒を酌み交わす日々が続いたが、二人の生活は一年足らずで終わることとなる。ある時、杜甫が仕官のため魯郡を離れて都に出たいと打ち明け時、李白はその無念さを酒で紛らわした詩が「石門にて杜二甫を送る」である。
酔別復幾日、登臨遍池台。
何言石門路、重有金樽開。
秋波落泗水、海色明徂徠。
飛蓬各自遠、且尽林中盃。

 冒頭「酔別幾日ぞ」とは、よほど名残り惜しかったことだろう。続いて、秋波落泗水 海色明徂徠 飛蓬各自遠 且尽林中盃  と詠んでいる。
 その後間もなく、李白は飄然として江東の方へ出掛けてしまい、杜甫も洛陽へ還った。李白は杜甫に大変な親しみを持っていたし、杜甫も李白を敬愛し続けていたのに、どういう心境か、それぞれ別な道を進むこととなってしまった。この時別れた二人は、遂に、生涯再び巡り会えることはなかった。
 この時、杜甫に宛てた李白の「沙邱城下、杜甫に寄す」があり、これが李白が杜甫に贈った最後の別離の詩となった。

李白
沙邱城下寄杜甫
我来竟何事、高臥沙邱城。
城辺有古樹、日夕連秋声。
魯酒不可酔、斉歌空復情。
思君若?水、浩蕩寄南征。

沙邱城下 杜甫に寄す
私がここへ来たのは 何のためであったのか、
沙邱の城で ただ寝ているだけである。
城壁のほとりに 古い樹があり、
朝から晩まで   秋風に鳴っている。
魯の酒は  薄くて酔えず、
斉の歌は  心をゆるがすものがない。
君を思えば ?水の流れのように、
広々と心は溢れ 南への思いがつのる。


我(われ)来(きた)る  竟(つい)に何事ぞ
高臥(こうが)す   沙邱城(さきゅうじょう)
城辺(じょうへん)  古樹有り
日夕(にっせき) 秋声(しゅうせい)を連(つら)ぬ
魯酒(ろしゅ)   酔う可からず
斉歌(せいか)  空しく情を復(かさ)ぬ
君を思うこと?水(ぶんすい)の若(ごと)く
浩蕩(こうとう)として南征に寄(よ)す

 李白は杜甫を見送ると、秋から冬にかけて魯郡の南に知友を訪ね、金郷(山東省金郷県)や単父(ぜんふ)の街で過ごしています。このころ李白は南陵の鄭氏に預けていた長女平陽と長男伯禽(はくきん)を東魯に引き取ったのではないかと思われます。李白自身が南陵に出かけたようすはありませんので、人を頼んで連れてきてもらったのでしょう。長安を辞したあと東魯にとどまって南陵にもどってこない李白に、鄭氏があいそをつかしたのかもしれません。
 このころ李白には「魯の一婦人」とのあいだに次男頗黎(はれい)が生まれていますので、さすがの李白も江南の鄭氏までは手がまわりかねたのでしょう。天宝五載(746)の春、李白は病気になり、任城(にんじょう)の「魯の一婦人」のもとで秋まで療養をしていました。秋になって疾が癒えると、長安にいる杜甫に詩を送っています。このころ杜甫は都で官職を求めて活動をはじめていましたので、李白もじっとして居れない気持ちになっていたようです。
 道士になってはみたものの、それですぐさま出世の機会がつかめるものでもなく、李白は空虚な気持になっていました。それを満たすのは旅しかありません。李白には春のころから「南征」(江南への遍歴)への思いがきざしていましたが、病気をしたためにそれが延び延びになっていたのです。
Ads by Sitemix