http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/ ;http://kanbun-iinkai.com http://3rd.geocities.jp/miz910yh/ http://kanbuniinkai7.dousetsu.com http://kanbuniinkai06.sitemix.jp/ http://kanbuniinkai.web.fc2.com/ http://kanbuniinkai12.dousetsu.com/ http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/









顔延年(延之) 秋胡詩  李白など後世に影響をあたえた詩人



秋胡詩 顔延之(延年)
(1)
椅梧傾高鳳,寒谷待鳴律?。影響豈不懷?自遠?相匹。婉彼幽閑女,作?君子室。峻節貫秋霜,明?r朝日。嘉運既我從,欣願自此畢。


(2)
燕居未及好,良人顧有違。?巾千裏外,結?登王畿?。戒徒在昧旦,左右來相依。驅車出郊郭,行路正威遲?。存爲久離別,沒爲長不歸。
(3)  
嗟余怨行役,三陟?窮晨暮。嚴駕越風寒,解鞍犯霜露。原隰多悲涼,回?卷高樹。離獸起荒蹊,驚鳥縱去。悲哉遊宦子,勞此山川路。
(4)  
超遙行人遠,宛轉年運徂。良時爲此別,日月方向除。孰知寒暑積,?俛?見榮枯!?暮臨空房,涼風起坐隅。寢興日已寒,白露生庭蕪。
(5)  
勤役從歸願,反路遵?山河。昔辭秋未素,今也?載華。蠶月觀時暇,桑野多經過。佳人從所務,窈窕援高柯。傾城誰不顧,弭節?停中阿?。
(6)  
年往誠思勞,事遠闊音形。雖爲五載別,相與昧平生。舍車遵往路,?藻馳目成。南金豈不重?聊自意所輕。義心多苦調,密比金玉聲。
(7)  
高節難久淹,?來?空複辭。遲遲前途盡,依依造門基。上堂拜嘉慶,入室問何之。日暮行采歸,物色桑?時。美人望昏至,慚歎前相持。
(8)  
有懷誰能已?聊用申苦難。離居殊年載,一別阻河關。春來無時豫,秋至恒早寒。明發?動愁心,閨中起長歎。慘淒?方晏,日落遊子顔。
(9)  
高張生?弦,聲急由調起。自昔枉光塵,結言固終始。如何久爲別,百行??諸己。君子失明義,誰與偕沒齒!愧彼《行露》詩?,甘之長川?。


秋胡詩 (1) 顔延之(延年) 詩 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1230
秋胡詩 (2) 顔延之(延年) 詩 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1236
秋胡詩 (3) 顔延之(延年) 詩 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1239
秋胡詩 (4) 顔延之(延年) 詩 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1242
秋胡詩 (5) 顔延之(延年) 詩 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1245
秋胡詩 (6) 顔延之(延年) 詩 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1248
秋胡詩 (7) 顔延之(延年) 詩 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1251
秋胡詩 (8) 顔延之(延年) 詩 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1254
秋胡詩 (9) 顔延之(延年) 詩 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1257

(1)
椅梧傾高鳳,寒谷待鳴律?。影響豈不懷?自遠?相匹。婉彼幽閑女,作?君子室。峻節貫秋霜,明?r朝日。嘉運既我從,欣願自此畢。
空高く飛ぶ鳳凰の方へと桐の木は枝を傾けて止りに来るのを待っている、寒くつめたい谷は鄒衍が律菅を吹き鳴らしてくれるのを待っている。
それと同じく男女の場合も、形に影が従い声に琴が応ずるごとく、互いに思いあうもので、遠くはなれたところにいても、どこにいても夫婦であるのが常である。
うるわしき彼のしとやかな女「潔婦」は、徳のある人の家、秋胡の家にとついで妻となった。
高くすぐれた、厳しい節操のあるかの女は秋霜を貫き凌ぐほどのものであり、辺りを照らすそのあでやかさは朝日の光が輝くようなのと同じである。
良い運の巡り合わせは自分に従いついている。すでに嫁にした上は、これからによろこばしい願いが満足に遂げられることと妻はおもったのだ。
椅梧【いご】は高鳳【こうほう】に傾き、寒谷【かんこく】は鳴律【めいりつ】を待つ。
影響豈懐はざらんや、遠きより毎に相匹【ひつ】す。
婉たる彼の幽閑【ゆうかん】の女、君子の室に?【ひん】と作【な】る。
峻節【しゅんせつ】は秋霜を貫き、明?【めいえん】は朝日に博し。
嘉運【かうん】は既に我に從へり、欣願【きんがん】比より垂らん。

(2)
燕居未及好,良人顧有違。
?巾千裏外,結?登王畿。
戒徒在昧旦,左右來相依。
驅車出郊郭,行路正威遲。
存爲久離別,沒爲長不歸。
夫婦が和らいで暮らし、また仲睦まじくなるまでになっていないのに、夫はそれとは違って遠くへ別れることになった。
平民の頭巾を脱いで官僚の冠をつけ、千里の彼方に仕官して、官印の綬を腰に結んで王の治められる都、陳である「王畿」に上るのであった。
しもべの者を戒めて朝まだきに出発の準備を整える。そうして、左右の従者も夫の傍に来て寄り添う。
やがて車を駆って城外の野に出ると、行く路はまさに遙か先までうねうねと続いている。
これから後、生存しても久しい別離となり、死ねば永遠に帰ってこられない、哀しいことである。
燕居【えんきょ】未だ好するに及ばざる,良人顧って違【さ】る有り。
巾【きん】を千裏の外に?して,綬を結んで王畿【おうき】に登る。
徒を戒しむること昧旦【まいたん】に在り,左右來って相依る。
車を驅りて郊郭【こうかく】を出で,行路正に威遲【いち】たり。
存して久しき離別を爲し,沒して長き不歸を爲さん。

(3)  
嗟余怨行役,三陟窮晨暮。
嚴駕越風寒,解鞍犯霜露。
原隰多悲涼,回?卷高樹。
離獸起荒蹊,驚鳥縱去。
悲哉遊宦子,勞此山川路。
ああわれ秋胡は役目のための旅を悲しみながら、詩経の巻耳や陟?の篇にしばしは険阻な山路をのぼると歌ってある、ように、朝から夜おそくまで旅を続ける。
車を厳重に整えて、風の寒い山を越え、鞍を解き馬を休めて、霜露を蒙って野宿する。
低い湿地の草原には悲しみやさびしさがみちて、つむじ風は高い木を吹き巻いている。
群れを離れたけものが草深い小道に飛び出し、物に驚いた鳥が散乱して去って行く。
悲しいことだ、役目のために他国に旅する私は、この山川の路に苦労しているのである。
嗟【ああ】余【われ】は行役【こうえき】を怨む,三び陟【のぼ】りて晨暮【しんぼ】を窮む。
駕【が】を嚴【いま】しめて風寒【ふうかん】を越え,鞍【くら】を解いて霜露【そうろ】を犯す。
原隰【げんしゅう】に悲涼【ひりょう】多く,回?【かいひょう】は高樹【こうじゅ】を卷く。
離獸【りじゅう】は荒蹊【こうけい】に起り,驚鳥【きょうちょう】は縦横に去る。
悲しい哉、遊宦【ゆうかん】の子、此の山川【さんせん】の路に勞【つか】る。

(4)  
超遙行人遠,宛轉年運徂。
良時爲此別,日月方向除。
孰知寒暑積,?俛見榮枯!
?暮臨空房,涼風起坐隅。
寢興日已寒,白露生庭蕪。
はるかにも旅ゆく人、夫、秋湖は遠ざかり、めぐりめぐって年はうつりゆく。
あの新婚の良い時に別れてから月日はちょうど年が改たまろうとしている。
誰も知らないうちに、寒いときがあり、暑さがやってきて歳を重ねている、それはつとめて速かに花を咲かせ、そして枯れてゆくのを見るのである。
こうして月日が過ぎ、はからずも年の暮れに夫のいないさびしい部屋に入って見る、寒い風が坐席のかたわらから吹きおこる。(そばには夫の温か味があったのに)
寝て起ききて日一日と日を重ね、としをかさねて、もう既に寒い季節になっている、私の操である白露の玉は庭の真ん中で輝くほどであったがしげみの陰に置くころとなった。
超遙【ちょうよう】として行人【こうじん】は遠く,宛轉【えんてん】年運は徂【ゆ】く。
良時【りょうじ】此の別れを爲せしとき,日月は方【まさ】に除に向【なん】なんとす。
孰【たれ】か知らん寒暑【かんしょ】の積りて,?俛【びんべん】榮枯【えいこ】を見るを!
?暮に空房【くうぼう】に臨むに,涼風【りょうふう】坐隅【ざぐう】に起る。
寢興【しんこう】日ごとに已に寒く,白露は庭蕪【ていぶ】生ず。
(5)  
勤役從歸願,反路遵山河。
昔辭秋未素,今也?載華。
蠶月觀時暇,桑野多經過。
佳人從所務,窈窕援高柯。
傾城誰不顧,弭節停中阿。
役所勤めのうちにも帰省の願いが聞き入れられ、帰り道は山や河に沿って帰って行く。
昔、いとま乞いをしたときは秋もまだ深くない落葉のない時期であったが、今は歳も新たに春の花が咲いている。
春の蚕を飼う月にちょうどよい休暇をもらったのだ、帰り道は先々さかりの桑畑を通った。
そこには美しい女が務めの桑摘みをしていた、見目麗しい様子で高い枝をひきよせて桑の葉を摘んでいた。
世にもまれなその美人は一たび顧みれば人の城を傾けるといわれる魅力あるその美貌を、誰が振り向かないということがあるだろうか。秋湖も車の速度をとめて路の曲がり角に立ちどまって見とれてしまったのである。
勤役【きんえき】歸願【きがん】に從い,反路【はんろ】山河に遵【したが】う。
昔 辭せしとき秋未だ素ならず,今や?は載【すなわ】ち華【はな】さく。
蠶月【さんげつ】時暇【じか】を觀,桑野【そうや】經過すること多し。
佳人【かじん】は務むる所に從う,窈窕【ようちょう】として高柯【こうか】を援【ひ】く。
傾城【けいじょう】誰か顧みざらん,節を弭【おさ】えて中阿【ちゅうあ】に停【とど】まる。
(6)  
年往誠思勞,事遠闊音形。
雖爲五載別,相與昧平生。
舍車遵往路,?藻馳目成。
南金豈不重?聊自意所輕。
義心多苦調,密比金玉聲。
年はすぎ往き、誠意や思慕の心は疲れてしまい維持しなかった、それに路は遠く隔たって声も姿も久しく見聞きしていない。
五年もの別れをしていたのだけれども、お互いに平生の様子をなにもわからなかったものだ。
秋湖は車をおりて今来た道にしたがって戻った、秋湖は鴨が水草を得て喜んで踊り進むようにして、桑畑に美人に目くばせして「今夜の情交」の約束をしようとした。
秋湖が贈ろうとした南国産の金はどうして重い値打ちがないであろうか、しかし、秋湖の妻はとにかく自分の心でそれを軽いつまらないものと思ったのである。
彼女は貞節を重しとするためにお金を拒んだのである。その節義の心は秋湖にとって多くの苦い響きの言葉で語られたが、その声は全く金玉の美しく清い音にも似ていていた。
年往きて誠に思は勞するも、事遠くして音形は闊【とお】し。
五載の別を爲すと雖も、相與に平生に昧し。
車を捨てて往路に遵【したが】ひ、?藻【ふそう】して目成【もくせい】を馳す。
南金壹重からざらんや。聊【いささか】か自ら意に握んずる所なり。
義心に苦調【くちょう】多し。密に金玉【きんぎょく】の聲に比す。

(第七首)
高節難久淹,?來空複辭。
遲遲前途盡,依依造門基。
上堂拜嘉慶,入室問何之。
日暮行采歸,物色桑?時。
美人望昏至,慚歎前相持。
高くすぐれた操をまもる婦人のもとに久しく留まることは難しいことである、秋湖は行きつもどりつしながらもむなしくまた別れをつげて去ったのだ。
秋湖の足どりは遅れがちながらも行く道を尽くしてしまう、後に心を引かれながらも家の門の土台に行き着いた。
秋胡は奥座敷に上がって母に拝して健康を歓び祝った、夫婦の奥室に入って、妻がどこに行ったのかを問う。
母は答えた、妻女は夕暮れ頃には帰って來るでしょう。それはいろんな物の色がわからなくなる、桑や楡の木立に日の入る黄昏時になるころでしょう。
美人は日の黄昏を望みながら家に到着する、さきに夫と途中で相応酬して、夫の心の不義なのを知ったことをはじめて恥じ入り、そして嘆くのである。
(高節【こうせつ】には久しくは淹【とどま】り難く、?來【けつらい】して空しく複た辭す。
遲遲【ちち】として前途【ぜんと】盡【つ】き,依依【いい】として門基【もんき】に造【いた】る。
堂に上りて嘉慶【かけい】を拜し、室に入りて問う何に之けると。
日暮【にっぽ】には行【ゆくゆ】く采り歸らん,物色【ぶっしょく】桑?【そうゆ】の時にと。
美人は昏【ゆうべ】を望みて至り,慚【は】じ歎【なげ】く前に相い持【じ】せしを。

(第八首)
有懷誰能已?聊用申苦難。
離居殊年載,一別阻河關。
春來無時豫,秋至恒早寒。
明發動愁心,閨中起長歎。
慘淒?方晏,日落遊子顔。
心に思うことがあるのを苦難であっても誰がやめることができよう。それ故、妻は少しばかり苦しい胸の内を述べてみる。
あの日別れてから離れて住んで年は移りゆく、一たび別れてのちは黄河の関所を隔て消息も絶えてしまった。
私は春が来でも時節のたのしみもなく、秋になるといつも早く寒くなるであろう夫の赴任地の事を思った。
そして夜通し明け方まで憂い、心配し眠れない時を過ごし、夜は初夜を引きずって、ねやで立ち上がり長いためいぎをついていたものだった。
心がいたみ悲しみの中でこの年も暮れてゆくのでした。夫の貴君が夕日の落ちる時にはますます旅人のやつれ顔をしておられる姿を思っていたのです。
懐ふこと有れば誰か能く已【や】まん、聯【いささ】か用て苦難を申【の】べん。
離居【りきょ】して年載【ねんさい】を殊【こと】にし、一別して河關【かかん】に阻【へだ】てらる。
春末るも時に豫【たの】しむこと無く、秋至れば恒に早く寒かるべし。
明發【めいはつ】まて愁心を動かし、閨中【けいちゅう】に起って長歎【ちょうたん】す。
慘淒【さんせい】す歳【とし】方【まさ】に晏【く】るるときには、日は落つらん遊子【ゆうし】の顔にと。
(9)  
高張生?弦,聲急由調起。
自昔枉光塵,結言固終始。
如何久爲別,百行?諸己。
君子失明義,誰與偕沒齒!
愧彼行露詩,甘之長川。
琴瑟も高い調子に張ると絶ち切れる絃が生じるように、みさおを高く立て通すためには命を絶つこともある。音声のきびしく悲しいのは曲のしらべが高まるように恨みか深いから、言葉も痛切になるのです。
昔、貴君がわざわざ来られて私を妻に迎えられてから、終始、固く変わるまいと失婦の約束をしたのです。
しかしこのように、久しく別れているうちに、あなたはすべての行勤に貴君自身が徳義を破ったのをどうしからよいというのですか。
孔子家語「淫乱は男女より生ず。男女、別なければ、夫婦、義か失う。」といわれる通り、貴君が、明らかた道義にそむくことをされるなら、誰がともに一生を終えることができようか。
とても一緒に暮らせるものではありません。『詩経、召南』石露篇に貞節の婚人には無礼を加えることができないことを歌っているが、私はその詩に恥じると思うのです。それゆえ甘んじて大川の岸に行って身を投げて死のうと思うのです。
高張【こうちょう】は?弦【ぜつげん】を生じ,聲の急なるは調の起るに由る。
昔 光塵【こうじん】を枉げて自より,言を結びて終始を固くす。
如何ぞ久しく別を爲し,百行諸れ己に?【あやま】るや。
君子 明義【めいぎ】を失す,誰と與【とも】にか偕【とも】に齒【よわい】を沒せむ!
彼の「行露詩」に愧ず,甘んじて長川【ちょうせん】の【ほとり】に之【ゆ】かん。



http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/ ;http://kanbun-iinkai.com http://3rd.geocities.jp/miz910yh/ http://kanbuniinkai7.dousetsu.com http://kanbuniinkai06.sitemix.jp/ http://kanbuniinkai.web.fc2.com/ http://kanbuniinkai12.dousetsu.com/ http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/

管理者 紀 頌之Kino Akiyuki
Ads by Sitemix