時代の変遷・概略 漢詩理解のための時代の解説一覧
 中国の時代と詩人のたち
上代から漢の詩人
孔子 孟子 屈原 宋玉 荊軻 項羽
から三国、隋の詩人
武帝 蘇武 王昭君 卓文君 蔡邑
曹操 曹丕 曹植 阮籍 陶淵明 

 唐代の詩人
  ・初唐の詩人たち
魏徴 王勃 蘆照鄰 駱賓王 沈栓期 宗之問 上官儀 上官宛兒 劉希夷
  ・盛唐の詩人たち
張説 張九齢 賀知章 孟浩然 王維 裴迪 王昌齢  王翰 賈至 高適 李白 杜甫 岑參 王之渙 
  ・中唐の詩人たち
韋応物 劉張卿 孟郊 柳宗元 劉禹錫 白楽天 張継 顔真卿 元槇 薛濤
  ・晩唐の詩人たち
杜牧 李商隠 温庭均 高胼 曹松  魚玄機
 
 宋代から近代詩人
蘇東坡 欧陽脩 司馬光 晏殊 王安石 曹鞏 岳飛 陸游 朱熹 辛棄疾 高啓 秋瑾 

  女性詩人たち 
雰囲気の柔らかい詩を書く詩人たち

 ・王昭君  卓文君 劉細君
 白楽天 王昭君を詠う二首
 ・班u、  蔡炎  謝眺
 ・上官宛兒   楊貴妃
 ・薛濤(せつとう)  唐宛
 ・魚玄機の詩   秋瑾

中国4000年の奇跡

杜甫・王維・李白の生きた時代:関連年賦

○安史の乱と3詩人編集中

杜詩研究

●杜詩研究編集中

○ 杜甫詩 1411首
  ・ 年賦・詩の時系序列
○ 杜甫 詩目次と詩のタイトル
○ 杜甫アウトライン
○ 杜甫ものがたり編集中
○ 杜甫 李白を詠う

◎ 青年期と李白と遭遇期
◎ 李白と別離仕官叶う期
◎ 漂泊の旅情期

○ 杜甫私記編集中
○ 杜詩研究編集中

 杜甫の人生(一般論)
  吉川幸次郎『杜甫ノート」の要約
 杜甫間違った士官の
 杜詩『白髪の詩」の変遷
 杜詩「政治的発言」変化
 杜詩「愛すべき詩」
  中国詩史上初、妻を愛す詩
 杜詩「自然への愛」
 杜詩「抑圧された人への愛」
  中国詩史上初、社会で抑圧された人を詠う
 杜詩「調子に乗ってしまった?」
 杜甫の人生
  杜詩の画期的時期につぃて

◎ 杜甫 李白を詠う
  ・贈李白[五言律排]
  ・贈李白[七言絶句]
  ・遣懐
  ・春日憶李白
  ・飲中八仙歌
  ・昔游
  ・冬日有懐李白



王維の詩

● 王維詩研究

  ・ 王維詩 
    年賦・詩の時系序列
○ 王維 詩目次と詩のタイトル
○ 王維詩アウトライン
○ 王維ものがたり(一般論)
○ 王維ものがたり(画期的時期)研究
   王維 罔川集 20首


李白の詩
■ 李白の詩
 ・送別の詩  ・春爛漫詩
 ・楼上の詩  ・交友の詩
 ・情愛の詩  ・酒友の詩
 ・夏日の詩  ・戦乱の詩
 ・懐古の詩  ・気概の詩
 ・旅情の詩  ・望郷の詩
 ・閑適の詩  ・老境の詩
 ・冬日の詩  ・人生の詩
◎ 李白杜甫を詠う

岑参ものがたり


盛唐の詩人。開元三年(715年)〜大暦五年(770年)。南陽荊州の人。安西節度使に仕え、当時、西果ての涯までいった。辺塞詩も多い。
 荊州江陵の出身。744年の進士。安西・河西の節度使の幕僚として長らく赴任していた。安禄山が反乱を起こすと粛宗の拠る鳳翔在所に参じ、左拾遺の杜甫の推挙で右補闕とされた。このころの詩人、杜甫、賈至・王維らと唱和している。起居舎人・虞部郎中・嘉州刺史などを歴任し、致仕して帰郷する途上の成都で歿した。辺塞詩人としてしばしば同じ官僚であった高適と並称される。



作品:詩題(初句)
・白雪歌送武判官歸京(北風捲地白草折)
・碩中作(走馬西來欲到天)      
・西過渭州見渭水思秦川(渭水東流去)  
・雨夜憶元九 山房春事(梁園日暮亂飛鴉)   
・逢入京使(故園東望路漫漫)   
・韋員外家花樹歌  與高適薛據同登慈恩寺浮圖(塔勢如湧出)  
・玉關寄長安李主簿(東去長安萬里餘)
・胡笳歌送顏真卿使赴河隴(君不聞胡笳聲最悲)
・苜蓿烽寄家人(苜蓿烽邊逢立春)





白雪歌送武判官歸京
北風捲地白草折,胡天八月即飛雪。
忽然一夜春風來,千樹萬樹梨花開。
散入珠簾濕羅幕,孤裘不煖錦衾薄。
將軍角弓不得控,キ護鐵衣冷難著。
瀚海闌干百丈冰,愁雲参淡萬里凝。
中軍置酒飮歸客,胡琴琵琶與羌笛。
紛紛暮雪下轅門,風掣紅旗凍不翻。
輪臺東門送君去,去時雪滿天山路。
山迴路轉不見君,雪上空留馬行處。




西過渭州見渭水思秦川
渭水東流去,何時到雍州。
憑添兩行涙,寄向故園流。




胡笳歌送顏真卿使赴河隴
君不聞胡笳聲最悲,紫髯濠瘡モ人吹。
吹之一曲猶未了,愁殺樓蘭征戍兒。
涼秋八月蕭關道,北風吹斷天山艸。
崑崙山南月欲斜,胡人向月吹胡笳。
胡笳怨兮將送君,秦山遙望隴山雲。
邊城夜夜多愁夢,向月胡笳誰喜聞。




碩中作
走馬西來欲到天,辭家見月兩囘圓。
今夜不知何處宿,平沙萬里絶人烟。




玉關寄長安李主簿  
東去長安萬里餘,故人何惜一行書。
玉關西望堪腸斷,況復明朝是歳除。




逢入京使
故園東望路漫漫,雙袖龍鐘涙不乾。
馬上相逢無紙筆,憑君傳語報平安。





韋員外家花樹歌
今年花似去年好,去年人到今年老。
始知人老不如花,可惜落花君莫掃。
君家兄弟不可當,列卿御史尚書カ。
朝囘花底恆會客,花撲玉缸春酒香。




苜蓿烽寄家人 
苜蓿烽邊逢立春、胡蘆河上涙沾巾。
閨中只是空相憶、不見沙場愁殺人。





王維の詩 杜甫の詩 初唐の詩人たち
盛唐の詩人たち 中唐の詩人たち 晩唐の詩人たち
トップページへ 女性詩人 お問い合わせ
   ページの先頭へ  

  
Ads by Sitemix