謝霊運 385〜433南朝の宋420〜479の詩人。永明体。陽夏(河南省)の人。永嘉太守・侍中などを歴任。のち、反逆を疑われ、広州で処刑された。江南の自然美を精緻(せいち)な表現によって山水詩にうたった。

六朝時代を代表する門閥貴族である謝氏の出身で、祖父の謝玄は?水の戦いで前秦の苻堅の大軍を撃破した東晋の名将である。祖父の爵位である康楽公を継いだため、後世では謝康楽とも呼ばれる。聡明で様々な才能に恵まれたが性格は傲慢で、大貴族出身だったことも災いし、後に刑死した。謝霊運の生まれ育ちを感じさせる詩が次の詩である。
 會吟行 
 廬陵王墓下作
 従遊京口北固應詔
 述祖徳詩 二首(1)序
 述祖徳詩 二首(2)其一
 述祖徳詩 二首(3)其二


406年、20歳の時に起家した。420年、東晋に代わって宋が建てられると、爵位を公から侯に降格された。少帝の時代に政争に巻き込まれ、永嘉(現浙江省温州市)の太守に左遷させられる。左遷の旅の途中の作品は、山水詩人として後世まで親しまれた作品が多い。
 永初三年七月十六日之郡初発都  38歳
 過始寧墅 
 富春渚
 初往新安桐盧口
 七里瀬
晩出西射堂
白石巌下經行田(白石巌下 行田を經ふ)永嘉の白石山。

種桑
・登水嘉惚マ山詩
・游嶺門山 (嶺門山に遊ぶ)
・郡の東山にて冥海を望む
・瞿渓山を過ぎ、僧に飯せしむ38歳
・過白岸亭
・登池上樓
・遊南亭

・游赤石進帆海詩謝霊運
・登江中孤嶼
・上戌の石?山に登る
・石門は永嘉に有り
・登石門最高頂
・石門巌上宿
・石門新營所住四面高山廻渓石瀬茂林修竹
・齊中讀書
・夜宿石門詩
・初去郡


在職1年で辞職、郷里の会稽に帰って幽峻の山を跋渉し、悠々自適で豪勢な生活を送った。この時に他の隠士とも交流し、多くの優れた詩作を残した。


・ 田南樹園激流植援    39歳
・南樓の中にて遅つ所の客を望む
・於南山往北山經湖中瞻? 39歳
・石壁に招提精舎を立つ 40歳
・石壁精舎還湖中作   40歳
・禄を辭する賦



424年、文帝が即位すると朝廷に呼び戻されて、秘書監に任ぜられ、『晋書』の編纂などに従事した。その後、侍中に遷った。しかし、文帝が文学の士としてしか待遇しないことに不満を持ち、病気と称して職を辞し、再び郷里に帰った。


・ 東の道路に入るの詩44歳
・(1)従弟の謝實^に酬ゆ 五首
・(2)従弟の謝實^に酬ゆ 五首
・(3)従弟の謝實^に酬ゆ 五首
・(4)従弟の謝實^に酬ゆ 五首
・(5)従弟の謝實^に酬ゆ 五首
・従斤竹澗超嶺渓行
・石室山の詩
・初めて石首城を発す   44歳
・道路にて山中を憶    45歳
・入彭?湖口     45歳


再度の帰郷後も山水の中に豪遊し、太守と衝突して騒乱の罪を問われた。特赦により臨川内史に任ぜられるが、その傲慢な所作を改めなかったことから広州に流刑された。その後、武器や兵を募って流刑の道中で脱走を計画したという容疑をかけられ、市において公開処刑の上、死体を晒された。


・入華子岡是麻源第三谷 48歳
・歳暮            48歳




漢詩総合サイト
http://kanbuniinkai.web.fc2.com/



會吟行 謝霊運



謝霊運 會吟行 詩集

はじめに
孟浩然、李白の詩に詠われている会稽はかつて東晋(317−419)の文化が花を開いたところである。この地のシンボルは会稽山で紹興県と?県にまたがる小丘陵の重なる山塊で、その主峰香炉峰はわずか海抜300mの丘で愛されたものである。我々日本人には「臥薪嘗胆」「会稽の恥」ということで知れ渡っている地だ。
この土地の生んだ偉大な詩人に謝霊運(385−433)は、その文名は存命中においてははなはだしく著名で、彼が一詩を作ると、都じゅうにただちに知られ、人々の口から口へと愛唱されたと、彼の死後八年たって生まれた宋の沈約(441−513)は、生々しい伝承を、尊敬をこめて『朱書』の本伝に生き生きと記載している。のちに伝記文学の代表的なものとして、『文選』に選ばれ、多くの後世の知識人に愛読された。

彼の生涯が奇に満ち、不幸の連続であったこが、恵まれた家柄であったことと悲運な障害というギャップにこそ偉大な文学の生まれた要素である。

緑したたり、水の豊かな江南を主材料とする風雅な文学は、乾いた黄土を中心とする異民族の脅威を受け続けた北の文学とは、いろいろの意味で大きな変化をみせる。古くからこの地においては複雑な政治の変化、権力を中心にした人間どうしの醜い争いというものが地域性として持っているものであり、門閥、家柄がすべての地域であり、時代であった。謝霊運は有り余る財力と非凡な天から与えられた才能をもっていたが、ついに自己の欲望が達せられないままであった。

美しい風景をみて、日々の生活のなかで、山水詩として彼の詩の大きな特質となった。その単に山水の美のみを詠ったのではなく、複雑な社会における人間の真筆なる生き方を歌ったことは、後世の詩人に多大な影響を与えた。戦のためや艶歌を喜ばれたものから自然と人間としての生き方を山水の表現の中で詠いあげたのである。はかない人の世の「無常」「空」をみつめて当時新しい宗教として説かれた浄土教へ傾斜していったことを詩に生かしたのだ。

生まれつき政治家として培養され、育てられたため、期待され、その自覚も強く、自分は恵まれた身でありながら、いかに庶民のために献身するかという温かさもけっして忘れてはいない江南の山水詩人であった。

唐になると、山水詩人といわれた孟浩然(689―740)、王維(699−759)に、情熱の詩人李白(701−762)に、愛国の詩人杜甫(712−770)に愛され、消化されて、それぞれに大きな影を静かに落としている。特に孟浩然、李白は、強く霊運文学を意識し、これに大きな目標をおいていたらしいことは、注目せねばならないことだ。



謝霊運(しゃれいうん、385―433)
會吟行 謝霊運 
会稽を吟ずる歌
六引緩清唱、三調佇繁音。
古典の六引の曲は清らかなる合唱によってこの宴場を弛緩させてくれる。それに今はやっている三調「清・平・側という曲の調子」は盛繁な音であるがこれらをひとまず止めてほしい。
列筵皆静寂、咸共聆會吟。」
この宴席に列する人々は皆な静寂にして、全員で共に会稽の吟を聞いてくれないか。
會吟自有初、請従文明敷。
会稽吟にはどうしてもまず初めに歌われるべきこと有るのである。古代の三皇五帝が作り上げた礼節の文明が受け継がれてきているところなのだ。
敷績壺冀始、刊木至江。
その功績は壺・巽州(陝西・河北・山西省)から始まって、次々に木を伐り長江の下流域を平定した。
列宿柄天文、負海横地理。』
列なれる星座は、天体の現象、日・月・星辰の模様を九天に整列させ、海を背負うようにこの地形は横たわっている。』
連峯競千仭、背流各百里。
会稽の山の峰々は千仇の高さを競い、その嶺から各方面に流れる川は百里の長さをもっている。
?池漑粳稲、軽雲曖松杞。
あふれ出る池の水は粳と稲とに漑ぎ、軽き雲は松と杞にその影を落としている。
兩京愧佳麗、三都豈能似。
その町の美しさは、いまの長安や洛陽もその綺麗さに恥じ入るであろうし、さらに魏や呉や蜀の三国鼎立の都もこのちの美しさには及ばない。
層臺指中天、飛燕躍廣途、鷁首戯清沚。』
この町の、重なる楼台は古えの周の穆王の作った中天よりも高く、高い垣には姫垣をさらに積み、大路には漢の文帝が愛した名馬飛燕とみま違えるほどの駿馬が闊歩し、船は波がおさまる静かな清き水の湊に多く泊まる。
肆呈窈窕容、路曜嬌娟子。
市場、店は嫋やかな様子を現わし、路には美しき娘たちが楽しげに歩いている。
自乗彌世代、賢達不可紀。
この地の風習、文化はおのずから世代のすみずにひろがっている、優れた人材は時空を超えているのである。
勾践善廢興、越叟識行止。
春秋の勾践は廃位してからこの地の風興を喜びよくした、越叟は旅をするのをやめこの山から釣りをして多くの食材をここの民に与え認識された。
范?出江湖、栴s城市。
春秋の范?は江川、湖から出て越王に仕えた。栴bヘ会稽の城郭に入り、市場を繁栄させた。
東方就旅逸、梁鴻去桑梓。
前漢の東方朔は朝隠の中で会稽によく旅行に来ていた、後漢の梁鴻は隠遁して桑や梓の農耕作業をするために行った。
牽綴書士風、新殫意未己。』
こうしたこの地の士太夫の風紀は書物に書きつづられてきた、官を辞することはもう出し尽くしたが私のこの地で過ごしたいという決意というのはやむことはない。





六引は清らかなる唱【うた】を緩【ゆる】くし、三調は繁なる音を佇【とど】む
筵に列する皆な静寂にして、咸【あまね】し 共に会の吟を聆【き】け。
会の吟には自から初めに有り、請う文明 従り敷【の】べん。」
績を敷くくこと壺【こ】冀【き】より始まれり、木を刊【か】りて江氾【こうし】に至れり。
列宿は天文 を柄【あき】らかにし、海を負うて地理横【よこ】たう。』



現代語訳と訳註
(本文)會吟行 謝霊運 
六引緩清唱、三調佇繁音。
列筵皆静寂、咸共聆會吟。」
會吟自有初、請従文明敷。
敷績壺冀始、刊木至江。
列宿柄天文、負海横地理。』
連峯競千仭、背流各百里。
?池漑粳稲、軽雲曖松杞。
兩京愧佳麗、三都豈能似。
層臺指中天、飛燕躍廣途、鷁首戯清沚。』
肆呈窈窕容、路曜嬌娟子。
自乗彌世代、賢達不可紀。
勾践善廢興、越叟識行止。
范?出江湖、栴s城市。
東方就旅逸、梁鴻去桑梓。
牽綴書士風、新殫意未己。』



(下し文)
六引は清らかなる唱【うた】を緩【ゆる】くし、三調は繁なる音を佇【とど】む
筵に列する皆な静寂にして、咸【あまね】し 共に会の吟を聆【き】け。
会の吟には自から初めに有り、請う文明 従り敷【の】べん。」
績を敷くくこと壺【こ】冀【き】より始まれり、木を刊【か】りて江氾【こうし】に至れり。
列宿は天文 を柄【あき】らかにし、海を負うて地理横【よこ】たう。』

連なれる峰は千便【せんじん】を競い、背【そむ】き流れるは各おの百里。
破【なが】れる池は梗【うるち】と稲とに漑【そそ】ぎ、軽き雲は松と杷【おうち】とに唆【くら】し。
両京も佳麗【かれい】に悦【は】ず、三都豈に能く似んや。
層【かさ】なる台は中天より指【うつく】しく、飛燕【ひえん】は広き途【みち】に躍【おど】り、鶴首【げきしゅ】は清き沚【なぎさ】に戯る。』

肆【しつ】は窃充【おだやか】な容【すがた】を呈【あら】わし、路は婚姻【なまめか】しき子を曜【かが】やかす。
自乗 世代を弥【わた】り、賢達(の人)紀【しる】す可からず。
勾践【こうせん】は廃興を善【よ】くし、越叟【えつそう】は行くと止【とど】まるを識り。
范?【はんれい】は江湖に出で、栴bヘ城市に入り。
東方は旅逸【たび】に就き、梁鴻【りょうこう】は桑梓【ふるさと】を去れり。
牽綴【つづ】って士風を害す、辞 殫【つ】くるも意 未だ己まず。』


(現代語訳)
会稽を吟ずる歌
古典の六引の曲は清らかなる合唱によってこの宴場を弛緩させてくれる。それに今はやっている三調「清・平・側という曲の調子」は盛繁な音であるがこれらをひとまず止めてほしい。
この宴席に列する人々は皆な静寂にして、全員で共に会稽の吟を聞いてくれないか。
会稽吟にはどうしてもまず初めに歌われるべきこと有るのである。古代の三皇五帝が作り上げた礼節の文明が受け継がれてきているところなのだ。
その功績は壺・巽州(陝西・河北・山西省)から始まって、次々に木を伐り長江の下流域を平定した。
列なれる星座は、天体の現象、日・月・星辰の模様を九天に整列させ、海を背負うようにこの地形は横たわっている。』


(訳注)
會吟行
会稽を吟ずる歌
『文選』巻二十七「楽府」として選定されている。○會 江蘇省会稽。会稽は海にも近く、気温も薯からず、寒からず、湿度も割合に高い。それゆえ、植物もよく茂り、物産の豊かな地であった。会稽はかつて東晋(317−419)の文化が花を開いたところである。この地のシンボルは会稽山で紹興県と?県にまたがる小丘陵の重なる山塊で、その主峰香炉峰はわずか海抜300mの丘で愛されたものである。


六引緩清唱、三調佇繁音。
古典の六引の曲は清らかなる合唱によってこの宴場を弛緩させてくれる。それに今はやっている三調「清・平・側という曲の調子」は盛繁な音であるがこれらをひとまず止めてほしい。
六引 古典の六引の曲。六つの弦楽器による合奏と合唱など。○三調 清・平・側という曲の調子

列筵皆静寂、咸共聆會吟。」
この宴席に列する人々は皆な静寂にして、全員で共に会稽の吟を聞いてくれないか。
列筵 宴席に身分役職により居並ぶ状況をいう。○咸共 みんな全員でいっしょに。○ 聞け。○會吟 会稽吟。会稽で古くからつたえられた詩。

會吟自有初、請従文明敷。
会稽吟にはどうしてもまず初めに歌われるべきこと有るのである。古代の三皇五帝が作り上げた礼節の文明が受け継がれてきているところなのだ。
文明 古代から引き継がれる礼節の君主三皇五帝、堯舜禹の文明が土着化している。


敷績壺冀始、刊木至江。
その功績は壺・巽州(陝西・河北・山西省)から始まって、次々に木を伐り長江の下流域を平定した。
壺 禹穴禹が皇帝になった後、“巡守大越(見守り続けた大越)”ここで病死してしまったため、会稽山の麓に埋葬した。禹陵は古くは、禹穴と呼ばれ、大禹の埋葬地となった。大禹陵は会稽山とは背中合わせにあり、前には、禹池がある。
冀始 古代九州をしめす。冀州、?州、青州、徐州、揚州、荊州、豫州、梁州、雍州を指

列宿柄天文、負海横地理。』
列なれる星座は、天体の現象、日・月・星辰の模様を九天に整列させ、海を背負うようにこの地形は横たわっている。』
○愿隨任公子。 欲釣?舟魚。任公子の故事。子明は会稽山の山頂から沖に届くくらいの竿を作り、餌も去勢牛五十頭ほど用意し、一年かけて釣り上げた。それを村人に食べ物を配った。『荘子』任公子にある。という故事ができるほど、海の幸にも恵まれている地の理をいう。


連峯競千仭、背流各百里。
会稽の山の峰々は千仇の高さを競い、その嶺から各方面に流れる川は百里の長さをもっている。
○千仭の連峰がもたらす、川の恵み、水の恵み、農耕の恵みをいう。


?池漑粳稲、軽雲曖松杞。
あふれ出る池の水は粳と稲とに漑ぎ、軽き雲は松と杞にその影を落としている。
? わきでる、あふれでる。○粳稲 うるちと稲。○ くこ。おうち、楠に似た葉を持つ、木目が細やかでなめらかなので、食器類などに使う。景色が良いだけでなく実際に役だっていることをいう。


兩京愧佳麗、三都豈能似。
その町の美しさは、いまの長安や洛陽もその綺麗さに恥じ入るであろうし、さらに魏や呉や蜀の三国鼎立の都もこのちの美しさには及ばない。


層臺指中天、飛燕躍廣途、鷁首戯清沚。
この町の、重なる楼台は古えの周の穆王の作った中天よりも高く、高い垣には姫垣をさらに積み、大路には漢の文帝が愛した名馬飛燕とみま違えるほどの駿馬が闊歩し、船は波がおさまる静かな清き水の湊に多く泊まる。」
層臺 政治をつかさどるところ。瑤台 李白「古朗月行」「清平調詞其一」につかう。崑崙山にある神仙の居所。『拾遺記』に「崑崙山……傍らに瑤台十二有り、各おの広さ千歩。皆な五色の玉もて台の基と為す」というように十二層の楼台。十二は道教の聖数に由来する。ここでは李白、謝?の「玉階怨」のイメージを重ねているように見える。か○指中天 ○飛燕 漢の武帝は大宛より天馬を得たことがある。飛燕という駿馬である。大宛(フェルガーナ)種の駿馬。○鷁首【げきしゅ】船首に鷁を彫刻した舟。

肆肆呈窈窕容、路曜嬌娟子。
市場、店は嫋やかな様子を現わし、路には美しき娘たちが楽しげに歩いている。
 店。市。『周禮、天官、内宰』「正其肆、陳其貨賄。」(其の肆を正し、其の貨賄を陳す。)○窈窕【ようちょう】美しくしとやかなさま。上品で奥ゆかしいさま。○嬌娟 なまめかしい。うつくしい。たのしそう。


自乗彌世代、賢達不可紀。
この地の風習、文化はおのずから世代のすみずにひろがっている、優れた人材は時空を超えているのである。
 あまねし。広く端まで行きわたっている。すみずみまで行きわたっているさま。○賢達 各方面に優れた人々。


勾践善廢興、越叟識行止。
春秋の勾践は廃位してからこの地の風興を喜びよくした、越叟は旅をするのをやめこの山から釣りをして多くの食材をここの民に与え認識された。
勾践【こうせん】? - 紀元前465年は、中国春秋時代後期の越の王。范蠡の補佐を得て当時華南で強勢を誇っていた呉を滅ぼした。春秋五覇の一人に数えられることもある。句践とも表記される。○越叟『荘子』任公子にある。○任公子子明は会稽山の山頂から沖に届くくらいの竿を作り、餌も去勢牛五十頭ほど用意し、一年かけて釣り上げた。それを村人に食べ物を配った。『荘子』任公子にある。 常時飲酒逐風景。壯心遂與功名疏。


范?出江湖、栴s城市。
集住の范?は江川、湖から出て越王に仕えた。栴bヘ会稽の城郭に入り、市場を繁栄させた。
范?(はんれい)春秋時代末期、越の人。呉越同舟の故事が出来た時代の人物、越王勾践に仕え、呉を滅ぼした後、すべてを投げ出し、他国に名を変えて、商売を始め、大金持ちになるという人物である。


東方就旅逸、梁鴻去桑梓。
前漢の東方朔は朝隠の中で会稽によく旅行に来ていた、後漢の梁鴻は隠遁して桑や梓の農耕作業をするために行った。
東方 東方朔前154‐前93年。中国,前漢時代の文学者。字は曼倩。滑稽と弁舌とで武帝に侍した,御伽衆(おとぎしゆう)的な人物。うだつの上がらぬ彼を嘲笑した人々に答えて〈答客難〉を書く。彼は,自分は山林に世を避けるのではなく朝廷にあって隠遁しているのだと主張する。この〈朝隠(ちよういん)〉の思想は六朝人の関心をあつめ,例えば彼の生き方をたたえる夏侯湛〈東方朔画賛〉には王羲之の書がのこることで有名である。○梁鴻は、後漢の梁鴻は字を伯鸞といい、扶風平陵の人。勉学に励み、博学多才で立派な人格だった。そのため、多くの人が自分の娘を嫁にして欲しいと望んだが、彼は受け入れなかった。 同じ県に孟光という、醜い容貌ながら、よい品性を持った女性がいた。


牽綴書士風、辭殫意未己。
こうしたこの地の士太夫の風紀は書物に書きつづられてきた、官を辞することはもう出し尽くしたが私のこの地で過ごしたいという決意というのはやむことはない。



Ads by Sitemix