謝霊運 385〜433南朝の宋420〜479の詩人。永明体。陽夏(河南省)の人。永嘉太守・侍中などを歴任。のち、反逆を疑われ、広州で処刑された。江南の自然美を精緻(せいち)な表現によって山水詩にうたった。

六朝時代を代表する門閥貴族である謝氏の出身で、祖父の謝玄は?水の戦いで前秦の苻堅の大軍を撃破した東晋の名将である。祖父の爵位である康楽公を継いだため、後世では謝康楽とも呼ばれる。聡明で様々な才能に恵まれたが性格は傲慢で、大貴族出身だったことも災いし、後に刑死した。謝霊運の生まれ育ちを感じさせる詩が次の詩である。
 會吟行 
 廬陵王墓下作
 従遊京口北固應詔
 述祖徳詩 二首(1)序
 述祖徳詩 二首(2)其一
 述祖徳詩 二首(3)其二


406年、20歳の時に起家した。420年、東晋に代わって宋が建てられると、爵位を公から侯に降格された。少帝の時代に政争に巻き込まれ、永嘉(現浙江省温州市)の太守に左遷させられる。左遷の旅の途中の作品は、山水詩人として後世まで親しまれた作品が多い。
 永初三年七月十六日之郡初発都  38歳
 過始寧墅 
 富春渚
 初往新安桐盧口
 七里瀬
晩出西射堂
白石巌下經行田(白石巌下 行田を經ふ)永嘉の白石山。

種桑
・登水嘉惚マ山詩
・游嶺門山 (嶺門山に遊ぶ)
・郡の東山にて冥海を望む
・瞿渓山を過ぎ、僧に飯せしむ38歳
・過白岸亭
・登池上樓
・遊南亭

・游赤石進帆海詩謝霊運
・登江中孤嶼
・上戌の石?山に登る
・石門は永嘉に有り
・登石門最高頂
・石門巌上宿
・石門新營所住四面高山廻渓石瀬茂林修竹
・齊中讀書
・夜宿石門詩
・初去郡


在職1年で辞職、郷里の会稽に帰って幽峻の山を跋渉し、悠々自適で豪勢な生活を送った。この時に他の隠士とも交流し、多くの優れた詩作を残した。


・ 田南樹園激流植援    39歳
・南樓の中にて遅つ所の客を望む
・於南山往北山經湖中瞻? 39歳
・石壁に招提精舎を立つ 40歳
・石壁精舎還湖中作   40歳
・禄を辭する賦



424年、文帝が即位すると朝廷に呼び戻されて、秘書監に任ぜられ、『晋書』の編纂などに従事した。その後、侍中に遷った。しかし、文帝が文学の士としてしか待遇しないことに不満を持ち、病気と称して職を辞し、再び郷里に帰った。


・ 東の道路に入るの詩44歳
・(1)従弟の謝實^に酬ゆ 五首
・(2)従弟の謝實^に酬ゆ 五首
・(3)従弟の謝實^に酬ゆ 五首
・(4)従弟の謝實^に酬ゆ 五首
・(5)従弟の謝實^に酬ゆ 五首
・従斤竹澗超嶺渓行
・石室山の詩
・初めて石首城を発す   44歳
・道路にて山中を憶    45歳
・入彭?湖口     45歳


再度の帰郷後も山水の中に豪遊し、太守と衝突して騒乱の罪を問われた。特赦により臨川内史に任ぜられるが、その傲慢な所作を改めなかったことから広州に流刑された。その後、武器や兵を募って流刑の道中で脱走を計画したという容疑をかけられ、市において公開処刑の上、死体を晒された。


・入華子岡是麻源第三谷 48歳
・歳暮            48歳




潛?媚幽姿,飛鴻響遠音。
薄霄愧雲浮,棲川?淵?。
進コ智所拙,退耕力不任。」
徇祿反窮海,臥痾對空林。
衾枕昧節候,?開暫窺臨。
傾耳聆波瀾,舉目眺嶇?。』

初景革緒風,新陽改故陰。
池塘生春草,園柳變鳴禽。」
祁祁傷?歌,萋萋感楚吟。
索居易永久,離群難處心。
持操豈獨古,無悶?在今。』

登池上樓


謝霊運,

登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  詩集 395 kanbuniinkai紀 頌之漢詩ブログ1002

 

登池上樓#1
潛?媚幽姿,飛鴻響遠音。
淵深く潜むみずちの龍の奥ゆかしい姿は心惹かれ麗しいものである、空高く飛ぶ大きな雁は遥か遠くからそのなく声を響かして聞えてくる。(俗世を超越し、隠棲した人は一人物静かに生き、奥ゆかしく美しい。)
薄霄愧雲浮,棲川?淵?。
しかし、私は空高く上がっても浮雲のうえにでることはできない心の萎縮を愧じるのである、かといって川に棲み淵の底のその奥に身を潜めることもできないことは、この身も切られるくらいの慚に思うのだ。
進コ智所拙,退耕力不任。」
徳を積み修行をして立派な人として官僚の上に立つほど智徳、慈悲が稚拙である、そうかといって引退して畑を耕して暮らすにはそれに耐えるだけの体力がないのである。(隠棲することは自然への同化である。道教でなくても仏教の修行も死と隣り合わせであるからそれに耐えうる体力がない。持病を持っていた)
徇祿反窮海,臥痾對空林。
官を辞せずにやむをえず俸禄を求めてこんな最果ての見知らぬ海辺のまちに来ている、その上、厄介な病気のことを考えると志で棲みたいと思っていたひと気のない林を眺めるしかないのである。
衾枕昧節候,?開暫窺臨。
そして、寝床にいたため節季行事もすることができないため季節感がわからなくなっている、簾の裾を開けてはしばらく外を覗き見るのである。
傾耳聆波瀾,舉目眺嶇?。』
寝床から耳をすますと大きな波の連なるのを聞くのである、目を挙げて険しく聳えてのしかかってくるかのような山を眺めるのである。

初景革緒風,新陽改故陰。
初春の景色は去年の秋冬の名残の風を改めている、新しい日の光が照り、去年の冬の名残りの陰気はすっかり改まっている。
池塘生春草,園柳變鳴禽。」
池の堤防にびっしり春の草が生えている、庭園の柳の梢に鳴いている小鳥たちも冬のものと違って聞こえてくる。
祁祁傷?歌,萋萋感楚吟。
春の日あしはのどかにあるとした『詩経』の?歌に心を痛め、さわさわとした草の茂りに『楚辞、招隠士』の「王孫遊びて帰らず、春草生じて萋萋たり。」ということに感動するのである。
索居易永久,離群難處心。
友と離れて病床につき一人引きこもってれば永久になりやすのだ、群から離れたら心を落ち着けることは難しい。
持操豈獨古,無悶?在今。』
それでも志を持ち続ける節操として守り続けるのは一人古人だけだろうか、今の世に隠棲してよをのがれることができるなら、「無悶」の徴候は今ここに実証としてあるということなのだ。


(池の上の楼に登る)
潜【ひそ】める虻【みずち】は幽【ゆう】なる姿を媚【よろこ】び、飛ぶ鴻【おおとり】は遠き音を響かす。
空に留まりて雲に浮かぶを愧【は】じ、川に沈みて淵に沈むを?【は】ず。
徳を進【みがか】んとするも智の拙なる所、耕を退かんとするに力任【た】えず。
禄に徇【したが】いて窮【さいは】ての海に及び、痾【あ】に臥し空林に対す。
衾【ねや】の枕とは節候【じせつ】に昧【くら】く、?【かか】げて開きて暫く窺【うかが】い臨む。』
耳を傾けて波瀾を聆【き】き、目を挙げて嶇【たかき】?【そびえ】を眺むるのみ。

初景【はつはる】は緒風を革【あらた】め、新陽は故き蔭【ふゆ】を改む。
池の塘【つつみ】は春の草生じ、園の柳に鳴く禽【とり】も変りぬ。
祁祁【ひとおお】きに?【ひん】の歌に傷【いた】み、萋萋【せいせい】たる楚吟【そぎん】に感ず。
索居【ひとりい】は永久なり易く、群れを離れては心を處【しょ】し難し。
操を持するは豈ひとり古【いにしえ】のみ成らんや、悶【うれ】い無きの?【しる】しは今に在り。



現代語訳と訳註
(本文)登池上樓
潛?媚幽姿,飛鴻響遠音。
薄霄愧雲浮,棲川?淵?。
進コ智所拙,退耕力不任。」
徇祿反窮海,臥痾對空林。
衾枕昧節候,?開暫窺臨。
傾耳聆波瀾,舉目眺嶇?。』

初景革緒風,新陽改故陰。
池塘生春草,園柳變鳴禽。」
祁祁傷?歌,萋萋感楚吟。
索居易永久,離群難處心。
持操豈獨古,無悶?在今。』


(下し文)(池の上の楼に登る)#1
潜【ひそ】める虻【みずち】は幽【ゆう】なる姿を媚【よろこ】び、飛ぶ鴻【おおとり】は遠き音を響かす。
空に留まりて雲に浮かぶを愧【は】じ、川に沈みて淵に沈むを?【は】ず。
徳を進【みがか】んとするも智の拙なる所、耕を退かんとするに力任【た】えず。
禄に徇【したが】いて窮【さいは】ての海に及び、痾【あ】に臥し空林に対す。
衾【ねや】の枕とは節候【じせつ】に昧【くら】く、?【かか】げて開きて暫く窺【うかが】い臨む。』
耳を傾けて波瀾を聆【き】き、目を挙げて嶇【たかき】?【そびえ】を眺むるのみ。

初景【はつはる】は緒風を革【あらた】め、新陽は故き蔭【ふゆ】を改む。
池の塘【つつみ】は春の草生じ、園の柳に鳴く禽【とり】も変りぬ。
祁祁【ひとおお】きに?【ひん】の歌に傷【いた】み、萋萋【せいせい】たる楚吟【そぎん】に感ず。
索居【ひとりい】は永久なり易く、群れを離れては心を處【しょ】し難し。
操を持するは豈ひとり古【いにしえ】のみ成らんや、悶【うれ】い無きの?【しる】しは今に在り。



(現代語訳)
淵深く潜むみずちの龍の奥ゆかしい姿は心惹かれ麗しいものである、空高く飛ぶ大きな雁は遥か遠くからそのなく声を響かして聞えてくる。(俗世を超越し、隠棲した人は一人物静かに生き、奥ゆかしく美しい。)
しかし、私は空高く上がっても浮雲のうえにでることはできない心の萎縮を愧じるのである、かといって川に棲み淵の底のその奥に身を潜めることもできないことは、この身も切られるくらいの慚に思うのだ。
徳を積み修行をして立派な人として官僚の上に立つほど智徳、慈悲が稚拙である、そうかといって引退して畑を耕して暮らすにはそれに耐えるだけの体力がないのである。(隠棲することは自然への同化である。道教でなくても仏教の修行も死と隣り合わせであるからそれに耐えうる体力がない。持病を持っていた)
官を辞せずにやむをえず俸禄を求めてこんな最果ての見知らぬ海辺のまちに来ている、その上、厄介な病気のことを考えると志で棲みたいと思っていたひと気のない林を眺めるしかないのである。
そして、寝床にいたため節季行事もすることができないため季節感がわからなくなっている、簾の裾を開けてはしばらく外を覗き見るのである。
寝床から耳をすますと大きな波の連なるのを聞くのである、目を挙げて険しく聳えてのしかかってくるかのような山を眺めるのである。


初春の景色は去年の秋冬の名残の風を改めている、新しい日の光が照り、去年の冬の名残りの陰気はすっかり改まっている。
池の堤防にびっしり春の草が生えている、庭園の柳の梢に鳴いている小鳥たちも冬のものと違って聞こえてくる。
春の日あしはのどかにあるとした『詩経』の?歌に心を痛め、さわさわとした草の茂りに『楚辞、招隠士』の「王孫遊びて帰らず、春草生じて萋萋たり。」ということに感動するのである。
友と離れて病床につき一人引きこもってれば永久になりやすのだ、群から離れたら心を落ち着けることは難しい。
それでも志を持ち続ける節操として守り続けるのは一人古人だけだろうか、今の世に隠棲してよをのがれることができるなら、「無悶」の徴候は今ここに実証としてあるということなのだ。


(訳注)
登池上樓
○池上楼 池のほとりの楼である。『温州府志』によると、東山書院の近傍に池上楼の建物が示されている。それがこの詩の当時あったかどうかは不明である。


潛?媚幽姿,飛鴻響遠音。
淵深く潜むみずちの龍の奥ゆかしい姿は心惹かれ麗しいものである、空高く飛ぶ大きな雁は遥か遠くからそのなく声を響かして聞えてくる。(俗世を超越し、隠棲した人は一人物静かに生き、奥ゆかしく美しい。)
潛? @ひそみ隠れているみずち。無名指の別名。・?竜の子で角があるもの?。蛟 角がない。龍でなく?は謝霊運が龍は天子を示すため、その子である蛟とした。しかし、詩は以下の易経に基づいている。『易経』の冒頭の「乾為天」に、「潛龍勿用。(潛龍用いるなかれ。)」とあり、孔子の文言に、「文言曰く、潛龍勿用、何謂也。子曰、龍徳而隠者也。不易乎世、不成乎名、遯世无悶、不見是而无悶。楽則行之、憂則違之。確乎其不可抜、潛龍也。」(文言に曰く初九に、潛龍用いること勿。何の謂ひぞなり。子曰く、龍徳ありて隠れたる者なり。世に易かえず、名を成さず、世を遯のがれて悶うれうることなく、是ぜとせられずして悶うれうることなし。楽しめばこれを行ない、憂うればこれを違さる。確乎かっことしてそれ抜くべからざるは、潛龍せんりゅうなり。)とある。○ こころひかれる○幽姿 隠遁者。奥深く身を隠した姿、幽居の奥ゆかしい人柄。○ 大きい雁。○遠音 遠くの空で啼く声。俗世を超越した人を喩える。


薄霄愧雲浮,棲川?淵?。
しかし、私は空高く上がっても浮雲のうえにでることはできない心の萎縮を愧じるのである、かといって川に棲み淵の底のその奥に身を潜めることもできないことは、この身も切られるくらいの慚に思うのだ。
薄霄 晴れ渡った空。晴天。雨雲の向こうに隠れた遥かな晴天。苗代に苗が生えるところから来た字で、薄っすらと生えるところから薄いという意味と、びっしりと生えるという意味がある。○ 心が萎縮して丸く固まること。行為に対する愧じ。「塊」と同系。恥は心が柔らかくなること。?は慚、心が切られる様な感じ。矜持に対する慚ということ。


進コ智所拙,退耕力不任。」
徳を積み修行をして立派な人として官僚の上に立つほど智徳、慈悲が稚拙である、そうかといって引退して畑を耕して暮らすにはそれに耐えるだけの体力がないのである。(隠棲することは自然への同化である。道教でなくても仏教の修行も死と隣り合わせであるからそれに耐えうる体力がない。持病を持っていた)
進コ智所拙 徳を積み修行をして立派な人として官僚の上に立つほどの智徳、慈悲が稚拙。・進コ(徳に進む)は『易経、乾為天』「君子進コ修業。忠信、所以進コ也。」(君子は徳に進み業を修む。忠信は徳に進む所以なり。)とある。○退 官を辞する。引退。隠棲。○耕 耕作すること。○力不任 耐えるだけの体力がない。任は備わっていること。


徇祿反窮海,臥痾對空林。
官を辞せずにやむをえず俸禄を求めてこんな最果ての見知らぬ海辺のまちに来ている、その上、厄介な病気のことを考えると志で棲みたいと思っていたひと気のない林を眺めるしかないのである。
徇祿 官を辞せずにやむをえず俸禄を求め○ 来ている○窮海 最果ての見知らぬ海辺。○臥痾 重病。糖尿病ではないか?○空林 人の気配のない林。役所にいれば大勢の役人に囲まれ、山野を調査する時には大勢の従者を従えていた。山遊びの際も都でするものと比べれば貧層であることをいうのであろう。


衾枕昧節候,?開暫窺臨。』
そして、寝床にいたため節季行事もすることができないため季節感がわからなくなっている、簾の裾を開けてはしばらく外を覗き見るのである。
衾枕 寝る時にかぶる夜着。衾と枕とで寝床のこと。○節候 季節・時候のこと。病気で長いこと寝床にいたために、季節の移り変わりの行事に参加していないことをいう。最低でも二十四節季あるわけで、官僚として欠かせないものである。○? 袴のことだが、ここでは簾の裾のこと。○穴からのぞくこと。○


傾耳聆波瀾,舉目眺嶇?。
寝床から耳をすますと大きな波の連なるのを聞くのである、目を挙げて険しく聳えてのしかかってくるかのような山を眺めるのである。
傾耳 『礼記、孔子闍潤x「傾耳而聽之。」(耳を傾け而して之を聽く。)○ (耳を澄ましたうえに、)耳を澄まして聞くこと。○波瀾 波頭の連なる様で、漣と同系の言葉だが、漣よりは大きな波を表す○嶇? ?嶇とも言う。険しくてのしかかってくるかのような山のことを言う。

初景革緒風,新陽改故陰。
初春の景色は去年の秋冬の名残の風を改めている、新しい日の光が照り、去年の冬の名残りの陰気はすっかり改まっている。
初景 初春の景色。○緒風 秋冬の風の名残をいう。『楚辞』「九章」の「渉江」に、「乗鄂渚而反顧兮、?秋冬之緒風。」(鄂渚に乗りて反顧すれば、ああ、秋冬の緒風なり。)とある。○革 あらたまる。革命、改革。「天地陰陽、不革而成。」『易経、革』「上六、君子豹変、小人革面」(上六、君子は豹変し、小人は面を革む。)四季の移り変わりのように自然と直ってゆくことを言う。年が改まり、去年の秋冬の風が初春の景色へと変わってゆくように、何かが新しく、正しく改革されてゆく。それは下から登ってきた陽気が去年の陰気に取って代わられてゆくからである。易では下の陽気が上昇し、陰気と入れ替わってゆくことで春が来る。初春は泰(上が坤で下が乾の卦)で表し、地面の上は去年から残る秋冬の風の陰気が「緒風」として残っているが、地面には既に陽気が登ってきて、春が来たのが感じられる。

池塘生春草,園柳變鳴禽。」
池の堤防にびっしり春の草が生えている、庭園の柳の梢に鳴いている小鳥たちも冬のものと違って聞こえてくる。
池塘生春草 南史に謝霊運は夢に族弟謝尨Aを見てこの名句を得たという。


祁祁傷?歌,萋萋感楚吟。
春の日あしはのどかにあるとした『詩経』の?歌に心を痛め、さわさわとした草の茂りに『楚辞、招隠士』の「王孫遊びて帰らず、春草生じて萋萋たり。」ということに感動するのである。
祁祁傷?歌 『詩経、?風【ひんのくにのうた】』「春日遅遅、采?祁祁。」(春の日は遅々として、?【よもぎ】采【と】るものは祁祁たり。)“春の日あしはのどかにある、白よもぎを摘む人もおびただしい。” ○萋萋感楚吟 楚辞招隠士篇に「王孫遊びて帰らず、春草生じて萋萋たり。」とあるのに心を動かす。萋萋は草の茂るさま。


索居易永久,離群難處心。
友と離れて病床につき一人引きこもってれば永久になりやすのだ、群から離れたら心を落ち着けることは難しい。
索居 友と離れて住む。 ○難処心 心を安んじ難い。


持操豈獨古,無悶?在今。』
それでも志を持ち続ける節操として守り続けるのは一人古人だけだろうか、今の世に隠棲してよをのがれることができるなら、「無悶」の徴候は今ここに実証としてあるということなのだ。
持操豈獨古 荘子斉物論に「罔両(影の外にある輪郭)影を責めて曰く、我には子坐せり、今は子起てり、何ぞ其れ持操無きや」と。古だけであろうか。持操は今でもある志を持ち続ける。○無悶 易の乾の卦に「世を遯るれぱ悶無し」と。 ○徴在今 今も実証がある。自分で実証しよう。



Ads by Sitemix